Home

easyDialog

easyDialog社は、会話型AIボット・音声認識やその関連に対してのコンサルティングを提供しております。最先端の深層学習アルゴリズムと長年の精密な調整の経験を基に、アレクサ、LINE、ニュアンス、Bixbyを含むすべてのプラットフォームでチャットボット音声ボットを設計、構築、改善します。

AIボットは機械とのインタラクションを快適にするために必要不可欠なものとなってきました。ウェブサイト、自動車、スマートフォン、データベース、工場の機械や家庭電気製品などに、まるで人間と会話しているように”声をかけたり、返事を聞いたり”するだけなのが音声技術の魅力です。

会話型AIはお持ちの製品やサービス、アイデアにも必要不可欠なものとなります。

ご要望に沿って丁寧にこ案内させていただきます。

IFAコンシューマーフェアでeasyDialog社のCEO、ノイマンがサンスン・モバイルのCEO、DJ Kohにビックスビーのドイツ語版を紹介します(2018年9月)

 

現在のアプリはボットです。” (MicrosoftのCEO、Satya Nadella)

 

パートナー

音声コンサルティング

音声を導入することは、しきい値が高い決断です。ユーザ体験だけでなく、ソフトウエア・ハードウエアも劇的に変わります。音声の利点はたくさんありますが、導入は慎重に準備しなければなりません。easydialog社は、特定の音声プラットフォームとのつながりがなく、独立しております。ご依頼者様と共に設計・仕様を再考してから、御社の製品やサービスに最適な音声設定を提供致します。

音声ソリューション構築

当社の専門家には、アレクサ、グーグル、シリ、ニュアンス、ビックスビーなどの業界大手のすべての音声プラットフォーム上で、音声ソリューションの設計・実装・納品の実績があります。御社の音声インターフェイスも正しく稼働するまで、末永くサポート致します。

パートナーとプロジェクト

組み込みの車載音声コントロールを14か国語で設計・実装したり、ビックスビー音声アシスタントのドイツ語版の担当したり、日常的な洗濯ルーチンを洗濯機上のアレクサスキルで楽しくしたり、業界初の日本語の自然言語対話のプロトタイプを紹介したりしてきました。当社の専門家はこれからも画一的で斬新な音声ソリューションを提供しつつあります。

音声とは何ですか

音声コントロール、ボイス・アシスタント、音声化、音声認識 – それらすべての表現は同じ過程に関連します。自らの声で何をしたいか、または何をしてもらいたいかを機械やコンピュータに伝えられることです。アレクサのスキル、グーグルのアクション、サンスンのビックスビーらはそれぞれ違うブランド名を持っており、技術や構成の等しい音声ソリューションです。 音声ソリューションは、かならず2つのモジュールで構成されています。1つ目のモジュールは音声認識(ASR)です。音声認識は音をテキストに書き換えます。2つ目のモジュールは自然言語理解(NLU)です。NLUはテキストから”意味”を抽出する段階です。意味とは普段、機械が何かを成し遂げるための命令となります。大手音声プラットフォームには、音声認識は固定されていて、開発者には変更できません。NLUは間接的にサンプル文の提供のみしか変更できません。

Switch The Language