パートナーとプロジェクト

easyDialogのファウンダー、Christoph Neumannノイマン・クリストフ)、はドイツ出身で、フランスのボルドー大学で言語学の修士号を取得した後、東京工業大学の計算言語学科で工学博士を取得しました。仕事生活は主に日本で過ごし、数年も業界大手であるニュアンスおよびサンスンでリードマネジャーを務めてきました。

世界の顧客に音声と自然言語のソリューションを提供してきました。ジョンソンコントろロールズ、マツダ、日産、カシオ、パナソニック、パイオニア、プロクター&ギャンブル、およびトヨタと長年をわたって密接な関係を続けています。音声および自然言語の業界の主要人物のグローバルネットワークもあります。

ポートフォリオ

  • ビックスビー音声アシスタントの初のドイツ語版の開発と市場投入に成功
  • 日本の大手自動車メーカーの2017年北米およびオセアニアモデルにハイブリッド式の音声コントロールの統合
  • FMCG MNCのために、日常的に選択することをより楽しくするアレクサのスキル
  • 日本のスタートアップのために、低フットプリントのNLUエンジンをゼロから設計および実装し、RPI3、ROS、iMacの様々な環境で導入
  • 日本の大手自動車メーカーの、全世界の2014年モデルおよび14か国語の組み込み音声コントロールの設計と開発
  • 教育用ロボットの音声コンフィグレーションおよびユーザー体験の評価および最適化
  • 2011年に、日本語および中国語の自動車向けの音声コントロールのプロトタイプの開発と紹介。当時、業界初のアジア言語での自然対話ソリューション
  • 言語データ収集:コストを意識しながら複数の顧客に丈夫なアプローチの実装・提供
Switch The Language